研究・地域連携

加茂市民センターにて出前授業を実施しました

 仙台高専広瀬キャンパスでは教育研究技術支援室の職員が中心となり,理科に興味を持ってもらうことと仙台高専のPR活動を目的に,近隣の小・中学校や市民センターのイベントに講師を派遣し,講義や実験を行う「出前授業」を企画・実施しています。
 令和元年度2回目は,7月27日(土)に仙台市加茂市民センターの「まるごとチャレンジキッズ」のイベントで,「ダンボールの大砲で的をたおそう」と題して小学校2~5年生の参加者18名に出前授業を実施しました。
 出前授業の初めに「仙台高専」がどのような学校かを説明し,立地,授業風景 などを紹介した後,「ダンボールの大砲はどんなものか?」,「空気はどのような形で出てくるのか?」,「目に見えない空気を見えるようにするにはどうすれば良いか?」といったクイズを出題し,みなさんに考えてもらいました。
 引き続き,デモ用の段ボールの大砲に煙を入れて空気が出る様子を観察してもらった後,一人一つずつダンボールの大砲を作製してもらいました。完成した大砲に煙を入れて空気の出る様子を観察したり,的を倒す体験をしてもらい,授業の最後には「回転的」を使った対戦ゲームも行いました。
 出前授業の最後のアンケートでは,「たいほうを作るのが楽しかった。」,「くうきをだしたらわっかになっておもしろかった。」,「ダンボールのたいほうを家で作りたいと思いました。」などの感想が寄せられ,参加者のみなさんにイベントを楽しんでいただけたようです。

クイズに答えている様子 ダンボールの大砲作製
的を倒す体験 煙の出る様子を観察