研究・地域連携

ゆりが丘公民館で出前授業を実施しました

 仙台高等専門学校では教育研究技術支援室の職員が中心となり,理科に興味を持ってもらうことと仙台高専のPR活動を目的に,近隣の小・中学校や市民センターのイベントに講師を派遣し,講義や実験を行う「出前授業」を企画・実施しています。
 令和元年度3回目は,7月31日(水)に名取市ゆりが丘公民館の「集まれ!小学生 夏休み体験教室」のイベントで「液体窒素の実験 -196℃の世界」と題して小学校1~5年生の参加者とその保護者の32名に出前授業を実施しました。
 出前授業の初めに,広瀬キャンパスと名取キャンパスの立地について説明し,授業風景などを紹介しました。その後,「-196℃」という超低温の液体窒素について,「液体窒素とはどんなものか?」,「風船やゴムボールを入れるとどうなるか?」,「液体窒素が窒素ガスに変わるとどうなるか(状態変化するとどうなるか)?」といったクイズを出題し,その答え合わせとして実験を行い,不思議な現象を観察・体験してもらいました。
 出前授業の最後に,参加者のみなさんにアンケートにご協力いただき,「えきたいちっそのことがいっぱいしれてよかったです」,「今まで知らなかったことが分かり,すごく楽しい1時間ちょっとでした」,「これから理科べんきょうにいかしたいです」などの感想をいただきました。
 今後も出前授業を通して,地域の子供たちへの理科教育を推進していきます。

液体窒素の説明 液体窒素を間近で見ている様子
液体窒素に風船を入れる実験 窒素の状態変化を体験している様子