学生の活動

本校学生が第66回河北書道展第6部篆刻・刻字部門において入選しました

 令和元年9月1日(日),「第66回河北書道展」の審査結果が河北新報朝刊で発表され,名取キャンパスⅡ類1年の竹澤諒さんが「篆刻・刻字」の部門で入選しました。
 同展は,「漢字」「かな」「墨象」「近代詩文」「少字」「篆刻・刻字」「一行書」の7部門からなる東北最大の書道公募展で,15歳以上が応募できます。竹澤さんは,小学校3年生から書道を始め,部活動の合間を縫って続けてきました。今回,同展に初めての出品で,見事入選することができました。
 題材の「執冲含和(ちゅうをとりわをふくむ)」とは,「すべてを和をもってすること」という意味だそうです。
 作品は,9月8日(日)まで,午前10時から午後5時半まで(8日は午後4時まで),仙台駅東口の「TFUギャラリーミニモリ」において展示されています。

図録の表紙 入選した竹澤さんの作品