研究・地域連携

本校教授4名が平成30年度全国高等専門学校英語教育学会賞を受賞しました

 令和元年8月,総合工学科 久保田佳克教授,岡崎久美子教授,飯田清志教授,矢澤睦教授が平成30年度全国高等専門学校英語教育学会賞を受賞しました。
 全国高等専門学校英語教育学会(COCET)は,高等専門学校で英語教育に携わる教員が研究大会や『研究論集』で日頃の教育や研究の成果を発表し,高専の英語教育の向上を図るとともに,日本の英語教育の発展に寄与することを目的とした学会です。学会賞は毎年,『研究論集』に掲載された論文の中から最も優れた研究に与えられるもので,今年度は『研究論集』第38号に掲載された論文15篇の中から、久保田教授他3名の共同執筆による「高専生の英語語彙サイズの変化と学習動機-仙台高専本科生の場合-」が同賞を受賞しました。
 本論文は過去3年間,仙台高専の両キャンパスで全学年を対象とした英語語彙サイズテストと語彙習得法・動機付けについて調査を行い,その結果を分析し,考察を加えたものです。審査員からは「高学年における語彙定着という課題に関する,より効果的な実践例が示唆されているだけでなく,3年次から4年次への橋渡しを考える上でも貴重なデータだといえる」との評価をいただきました。
 本研究で得られた成果は,今後の本校の英語教育の再構築のみならず,高専の英語教育向上に貢献するものと期待されます。

表彰状 学会の様子