メニュー

研究・地域連携

公開講座「元号/改元にまつわるエトセトラ」第3回が終了いたしました

 令和元年11月16日(土),名取キャンパス多目的会議室において,本キャンパス・リベラルアーツ推進室の教員による連続公開講座「元号/改元にまつわるエトセトラ」が開催されました。
 第3回は,リベラルアーツ推進室室長の千葉幸一郎教授に「〈明治100年〉の文学者たち」というタイトルでお話をいただきました。〈明治100年〉にあたる1967年,当時の人々にとって「明治」がどのような近さ(遠さ)にあって,いかなる把握がなされていたのか,その複雑に交錯する様子を当時の記事を手がかりに,わかりやすく,時にコミカルに示していただきました。
 受講者の方からも「明治百年祭について深く考える機会となりました」などの好評の感想が多く寄せられました。特に千葉教授が手掛けられた「『〈明治100年〉の文学』関連年表」は,「明治100年祭」を巡って三島由紀夫,安部公房,司馬遼太郎などの文学者たちがどのような動きをしたのか,その考察の手がかりをつかむための大変刺激に富んだ資料であり,受講者から様々な意見が出されました。
 11月1日から始まった本講座も次回で最終回となります。第4回は11月22日(金)18時より,JR名取駅東口の増田公民館講義室において開催します。講演者は本キャンパスの油座圭祐准教授,題名は「柳田國男と大嘗祭」です。
 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

  公開講座詳細: https://www.sendai-nct.ac.jp/20191001-2/

受講者に語りかける千葉教授 「明治」のイメージは?