メニュー

活動情報

仙台高等専門学校開校10周年記念 演台,バックボード,校章モニュメント及びプロジェクター一式の除幕式を挙行

 令和元年11月26日(火),澄み切った青空の下,名取キャンパスにおいて同窓会,後援会及び本校教職員が見守る中,開校10周年を記念して寄贈いただきました演台,バックボード,校章モニュメント及びプロジェクター一式の除幕式を挙行しました。
 初めに,本校同窓会名取キャンパス総支部萩朋会からご寄贈いただいた,ロゴマーク付演台及びバックボードの除幕式が行われ,笠松富二夫会長と福村裕史校長により除幕が行われました。
 続いて,本校名取キャンパス後援会からご寄贈いただきました,校章モニュメント及びプロジェクター一式の除幕式が行われ,こちらは清水淳会長と福村裕史校長により除幕が行われました。
 お集まりいただいた多くの皆様から盛大な拍手が沸き起こり,福村裕史校長からお礼の言葉を述べた後,記念撮影が行われ,除幕式は盛会のうちに終了しました。
 今後,演台は会議室において,また,バックボードは大教室などにおいて,それぞれ各種イベントの際に本校のプレゼンスを高めるため活用させていただきます。
 また,可搬式のプロジェクター一式は,授業や体育館での行事の際に使用させていただきます。校章モニュメントは,総合科学教育棟東側の壁面に寄贈プレートと共に設置させていただきました。学生や教職員が登下校の際に,白壁に太陽の陽を浴びて輝くブロンズの校章を見て,本校の一員であることの誇りと自覚を胸に刻み,愛校心を日々育むことが期待されます。
 同窓会名取キャンパス総支部萩朋会及び名取キャンパス後援会の皆様,ご寄贈いただきまして,誠にありがとうございました。

演台の除幕 演台及びバックボードを前に笠松会長及び福村校長との記念撮影
校章モニュメントの除幕 プロジェクター一式及び校章モニュメントを前に
清水会長及び福村校長との記念撮影
校章モニュメントと寄贈プレート 出席者で記念撮影