メニュー

お知らせ

【学生の皆さんへ】後期開講にあたって

令和2年10月9日 

学生の皆さんへ

仙台高等専門学校 
校長 福村裕史 

後期開講にあたって

 コロナウイルスの感染はまだおさまっていませんが,今月初めより東京を含めたGo Toトラベル事業が始まり,実質的に国内移動の自粛が無くなりました。これには,感染を防ぐ方策が守られていること,検査体制が充実してきたこと,感染しても重症化しない場合が多いという事実が明らかになってきたこと,感染者に対する療法が蓄積してきたことなど,多くの理由があります。

 このように全国的に人々が自由に移動するようになりましたので,当校でもこれまでの移動制限を見直し,感染流行地域から帰った後の8日間の自宅待機を解除します。ただし,人々の往来が自由になることによって,今まで以上に感染が拡大するかもしれません。そこで,以下の日常的な注意は引き続き守って下さい。学校内でも同様にお願いします。また,登校したくない等,学校生活で不安や悩みがある時は,気軽に学生相談室に連絡して相談して下さい。

  〇 毎朝,体温を測り,発熱,頭痛,強い倦怠感のあるときは,無理して登校しない。
  〇 マスクをする。
  〇 人との間隔は最低1m程度空ける。
  〇 登校・帰宅直後,手や顔を洗う。

  〇 会話をするときは真正面を避ける。風通しの良い場所で話す。
  〇 大声で人に向かってしゃべらない。唾液の飛散に注意する。
  〇 対面での食事は避ける。料理は分け合わない。
  〇 遊ぶときは,屋内よりは屋外を選ぶ。

  〇 人が密集する狭い場所(ゲームセンター,カラオケ等)には行かない。
  〇 店舗など出入りの際に,検温やアルコール消毒の指示があれば,それに従う。
  〇 発症したときのため,長い会話や食事を一緒にした人をメモしておく。
  〇 感染が流行している地域に出かける時は,事前に担任に相談する。帰宅後2週間
    は特に体調管理に気を付ける。体調に問題が無ければ登校して良い。