メニュー

学生の活動

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2018で本校の出展団体が文部科学大臣賞を受賞しました

 平成30年7月15日(日),東北大学川内北キャンパスで開催された学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2018にて,その年に最も優れた団体・個人を表彰する「サイエンス・デイ オブ ザ イヤー 2018」の発表があり,仙台青少年理科学研究部会(本校で開講している仙台高専ジュニアドクター育成塾のサイエンス・コースに所属する小・中学生で構成される)は最上位の「文部科学大臣賞」を受賞しました。
 サイエンス・デイでは,科学を社会に伝える優れた方法論を可視化・共有化することを目的として,審査委員会による「サイエンス・デイ オブ ザ イヤー」の審査・表彰が行われており,第3回目を迎える今年度は県内外から合計129の出展プログラムがあり,「サイエンス・デイ オブ ザ イヤー 2018」では,厳正でより濃密な審査によって,受賞者が決定されました。
 8月17日(金)には,東北大学「知の館」にてサイエンス・デイ オブ ザ イヤー 2018贈賞式が開催され,仙台高専ジュニアドクター育成塾サイエンス・コースの受講生に,文部科学省 勝野頼彦科学技術・学術総括官より,文部科学大臣賞の賞状が授与されました。
 仙台高専ジュニアドクター育成塾サイエンス・コースの受講生にはこれからも更なる活躍を期待します。 

贈賞式の様子 賞状