メニュー

研究・地域連携

ドイツ・フェリックス・フェッヒェンバッハ・ベルーフスコレーク (FFB 校)を訪問しました

 令和元年5月5日(日)から5月17日(金)までの13日間,ドイツ北西部に位置するデトモルト市の職業訓練校フェリックス・フェッヒェンバッハ・ベルーフスコレーク (Felix-Fechenbach-Berufskolleg:以下FFB 校)及びベルリン市へ,学生10名,引率教職員3名を派遣しました。
 研修前半は,表敬訪問したリッペ郡王族のプリンス,デトモルト市・副市長,FFB校長先生をはじめ,教職員・学生の皆さまから歓待を受け,地域の歴史や自然,伝統文化に触れることができ,たいへんあたたかな気持ちになりました。
 FFB校では,授業見学やフェニックス・コンタクトセンター企業訪問を行い,最新技術を使った製造現場や労働環境から刺激を得て,マテリアル環境工学科4年・狩野元弥さんは「ドイツでの日本とは異なるやり方が勉強になり,面白かった。」と話し,今後の学習へ向けて意欲を湧かせていました。またFFB研修中は学生宅でのホームステイを経験し,機械システム工学科4年・長南幸汰さんは「ホームステイ先の家族の皆さんのお世話がとてもあたたかかった」と話していました。
 FFB滞在最終日には,学生が震災に関するプレゼンテーションを行いました。東日本大震災による被災経験や復興状況を説明し,会場からはたくさんの質問が飛び交いました。最後にFFB校長先生から1人1人に修了証書が手渡され,学生達は満足げな表情を浮かべていました。
 研修旅行後半,一団は首都・ベルリンへ電車で移動し,ベルリンの壁,ベルリン・フィルハーモニー,ドイツ技術博物館,フォルクスワーゲン自動車博物館等を訪問し,歴史や芸術文化,工業技術を学び,たくさんの思い出を作ることができました。
 本交流は,2002年度末に学術交流協定を締結して以来,隔年で学生を相互派遣するプロジェクトであり,来年度は本校がFFB校を受け入れることになっています。なお本派遣は,後援会からの補助を受けています。改めて御礼を申し上げます。

リッペ郡王族・プリンス表敬訪問 デトモルト市・副市長表敬訪問
震災に関するプレゼンテーション 修了証書授与