研究・地域連携

園田潤教授が第22回公益信託エスペック地球環境研究・技術基金のエスペック環境研究奨励賞を受賞しました

 令和元年8月23日(金),総合工学科 園田潤教授が第22回公益信託エスペック地球環境研究・技術基金のエスペック環境研究奨励賞を受賞しました。
 公益信託エスペック地球環境研究・技術基金は平成10年に設立され,地球環境保全のための調査研究や技術開発に対して,その費用の一部あるいは全額を助成する活動を行っております。この活動を通じて,さまざまな地球環境問題の克服に寄与することを目指しています。
 園田教授は,研究テーマ「複合リモートセンシングと深層学習による海岸漂着プラスチックの自動検出」について同賞を受賞しました。近年,海洋プラスチックが世界的な問題になっています。本研究では,このような海岸表層および地中のプラスチックを,UAVドローンや地中レーダといった複数のリモートセンシング手法と人工知能技術を用いて自動検出し,定量化しようとするものです。本研究により,プラスチックが自動的に定量化できるため,国内外の海岸漂着プラスチックの抑制案・撤去計画などの対策・政策立案,また海洋生態系・水産資源保護など海洋環境保全への貢献が期待されます。

園田潤教授(左) 表彰状