メニュー

研究・地域連携

タイ政府奨学金留学生3期生が校長室を訪問しました

 令和2年12月17日(木),タイ政府奨学金留学生3期生のKantapisit Limsupaputtikun (Proton)さんとPhongwit Srikokcharoen (Pai)さんが,校長室を訪問し,福村裕史校長と面談を行いました。

 福村校長とタイ政府奨学金留学生との面談では,普段の学校生活及び寮生活について,日本とタイの文化の違いについて触れながら話し合いました。また,留学生達の将来の目標についても話し合われるなど,大変充実した面談となりました。最後に,福村校長から留学生達へ激励の言葉が贈られました。

 本校は,タイ政府奨学金留学生受入事業に採択された6高専のうちの1校で,毎年2名,チュラポーン王女サイエンスハイスクール(PCSHS)中学校課程を卒業した留学生を専攻科卒業までの7年間受け入れます。

校長面談の様子 Srikokcharoenさん(左)とLimsupaputtikunさん(右)