メニュー

お知らせ

経済的に家庭から自立している学生へ向けての文部科学省による『学生等の学びを継続するための緊急給付金』の募集について

 文部科学省により昨年度に引き続き,アルバイト等により自ら学業を支えてきた学生向けに『学生等の学びを継続するための緊急給付金』が支給されることとなりました。
 この給付金は,家庭から自立している学生において,新型コロナウイルス感染症の影響により世帯収入・アルバイト収入の減少などにより学生生活の継続に支障をきたす学生等を対象に,緊急で現金給付の支援を行うものです。

■支給申請が可能な学年:本科4・5年生及び専攻科生
■支給金額:10万円

〇支給対象者の要件(基準)
1.日本学生支援機構の給付奨学金受給者(令和3年12月10日の支給を受けている者)【申請不要】
上記の方は,本人が申請をすることなく日本学生支援機構から緊急給付金が支給されます。
対象者には12月22日に学生係もしくは学生支援係から案内メールを送付していますのでご確認ください。
※日本学生支援機構の給付奨学生ではあるが,給付奨学金が令和3年12月10日に振り込まれていない場合や,日本学生支援機構の貸与奨学金のみ受給している場合は申請を行う必要があります。

2.以下の(1)~(5)を満たす者として仙台高等専門学校から推薦する者。
(1) 原則として自宅外(松韻寮・萩花寮も対象)で生活をしている。
  (自宅生についても,経済的に家庭から自立している学生等は対象となります)
(2) 家庭からの多額の仕送り(年間150万円以上(授業料を含む)を目安)を受けていない。
(3) 家庭(両親のいずれか)の収入減少等により,家庭からの追加的支援が期待できない。
(4) 新型コロナウイルス感染症により,アルバイト収入に影響を受けており,(a)~(c)のいずれかの状況となっている。
  (a)新型コロナウイルス感染症の影響で想定していたアルバイト収入が得られない状況が継続している
  (b)コロナ禍前と比較して,アルバイト収入が大きく減少(50%以上減少)し,その状況が本年度になっても改善していない
  (c)アルバイト収入が増加や一定水準に達していたとしても,家庭の経済状況が悪化したこと等の理由により,アルバイト収入を増やさざるを得ず,修学の継続が困難となっている
(5) 既存制度について以下の条件のうちいずれかを満たす。
  (a)高等教育の修学支援新制度に申込みをしている者又は利用を予定している者であって,第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者
  (b)高等教育の修学支援新制度の対象外であって,第一種奨学金(無利子奨学金)の限度額まで利用している者
  (c)要件を満たさないため高等教育の修学支援新制度又は第一種奨学金(無利子奨学金)を利用できないが,大学等独自の奨学金や民間等を含め申請が可能な支援制度,外国人留学生学習奨励費等を利用している者又は利用を予定している者

3.上記2.を考慮した上で,経済的理由により学校での修学の継続が困難であると仙台高等専門学校が必要性を認め推薦する者
上記2.の要件を全て満たさない場合でも,学生の自己申告状況に基づき,対象者とする場合があります。申請の際に詳しい事情を記入してください。

◎詳しくは,『学生等の学びを継続するための緊急給付金』申請の手引き(学生・生徒用)

4ページの5.支給対象者の要件(基準)に記載されています。申請にあたっては手引きを必ず熟読してください。
自分が支給対象者の要件に当てはまるか確認の上,申請を行ってください。

〇申請方法・申請期間
本校では原則としてLINEによる受付を行います。
学校から送付される『「学生等の学びを継続するための緊急給付金」の募集について』というタイトルのメールにQRコードのURLが記載されていますのでご確認ください。
※必ず学生本人が申請してください。保護者等による代理申請はできません。
また,LINEを使用できない学生は書面による申請を受け付けますので,下記の「お問合せ先」へご連絡ください。

◆申請締切日:令和4年1月14日(金)

◆申請に必要な書類
申請フォームに入力中に,下記書類の写真データをアップロードする必要があります。
事前に準備のうえ申請を行ってください。

≪アップロードが必須であるもの≫
1.学生証(表)
2.アパート等の賃貸契約書の写し(自宅外生のみ)
(直近の家賃の支払い根拠書類,住民票の写し等でも可。寮生は不要です。)

≪必要に応じてアップロードするもの≫
A) 家庭において,コロナ感染症対策に係る他の公的支援措置を受けている場合の受給証明書等
B)令和3年1月分以降のアルバイト給与明細
  (明細がない場合は通帳のコピーでも可,アルバイト収入の減少が確認できるもの)
C)受給している奨学金の資料

◆「申し送り事項」欄への入力
審査にあたっての申し送り事項があれば入力してください。
多子世帯やひとり親世帯などの家庭状況に関する考慮すべき事情を有する者等,手引き5ページの要件に該当する場合及び,手引き6ページの必要書類一覧,手引き6~7ページの申請にあたってのQ&Aにおいて,「3.申し送り事項」欄への入力が必要とされているものについては,必ず入力してください。

〇留意事項
・学校は,申請があった学生に対して,確実に要件を満たした学生を日本学生支援機構へ推薦します。なお,推薦には,学校推薦枠があり採用人数には限りがあります。申請すれば,必ず採用されるものではありません。

・申請書類について,内容確認のため学校からの問合せの電話に対応されない場合,提出された申請書類に不備があり,期日までにその不備が解消出来ない場合,学校推薦出来ないことがあります。

・2回目の募集も予定しておりますが,時期については未定です。

・申請内容に虚偽が判明した場合は,支給した給付金を返還して頂くことがあります。

・申請の手引きや申請書,誓約書で「1年生」,「2年生以上」と記載がある箇所は,それぞれ「4年生」,「5年生以上」と読み替えてください。

本事業の詳しい内容は,以下の文部科学省のホームページで確認ください。
◆文部科学省ホームぺージ:学生等の学びを継続するための緊急給付金(令和3年度)
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00002.html

〇お問い合わせ・書類配布・提出先

書類提出先・お問い合わせ
広瀬キャンパス
〒989-3128
仙台市青葉区愛子中央4-16-1 仙台高等専門学校 学務課学生係
gakusei@sendai-nct.ac.jp
TEL: 022-391-5539

名取キャンパス
〒981-1239
名取市愛島塩手字野田山48 仙台高等専門学校 学生課学生支援係
gakuseishien@sendai-nct.ac.jp
TEL: 022-381-0266