仙台高等専門学校(以下「仙台高専」)と日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会(以下「宮城ブロック協議会」)は,それぞれが保有する知識,情報,ノウハウ等を用いて相互に協力し,人財の育成,地域経済の活性化と社会の発展に貢献することを目的として,令和6年6月29日(土)に連携協力協定を締結しました。
 当日は,宮城ブロック協議会が主催する「第54回宮城ブロック大会in栗原」(会場:みちのく伝創館(宮城県栗原市栗駒岩ケ崎松木田))のオープニングセレモニーにおいて,協定締結式が行われ,宮城ブロック協議会 佐藤健二会長 と仙台高専 澤田惠介校長 が協定書に署名し,両名から協定締結に関しご挨拶がありました。

(協力内容)

  1. 地域経済活性化に関する情報交換及び支援
  2. 研究成果等に関する情報交換及び支援
  3. 次世代を担う学生に向けた地域課題を学ぶ機会の提供
  4. 行政,市民,地域企業,団体,教育,研究機関等の多様な主体間の連携の強化
  5. まちづくりなどの地域活性化の推進

 また,当日は,みちのく風土館(宮城県栗原市栗駒岩ケ崎上町裏)を会場に,“デジタル技術を活用した地域課題解決~ニューリーダーが考えるまちづくりのかたち~”と題したイベントが行われ,仙台高専の学生と宮城ブロック協議会で協力して開発したWEBアプリ(QRコードを使って出店ブース全体の売上集計を行うもの。集計結果を解析することでマーケティングにも応用が可能。)を実際に出店したキッチンカーなどに協力してもらい活用しました。

協定書への署名
協定書を携え記念撮影
澤田校長のご挨拶
WEBアプリを共同開発した仙台高専学生と
宮城ブロック協議会の方々とともに記念撮影
開発したWEBアプリ
(スマートフォン)の画像 
出展ブースの様子